最強テクニカル分析 powered by 相場脳 ホーム »

テクニカル分析を考察する
テクニカル分析を使いこなせば、本当に勝つことができるのか? 期待と不安の中で、藁にもすがりたい思いを抱きつつ、疑問に思う人がたくさんいます。 テクニカル指標は、あまりにも多岐に渡るため確実性の程度を検証することは非常に困難です。 また、テクニカル分析を中心に据えたシステムを構築する際には、バックテストの結果も実運用に耐えられるものか疑わしいばかりです。 続きを読む
最近の記事
管理人サイト:相場脳 世界を意志の力で動かそう
相場脳オンラインアカデミー募集受付中。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

トレンド  

毎分、毎時間、毎日、価格は様々な動きをしていますが、ある一定の方向性を持った動きをしていることがあります。それをトレンドと呼びます。

トレンドには、上昇トレンド、下落トレンド、横ばいトレンドの3種類があります。

トレンドを確認するために最も簡単な方法は、トレンドラインを設定することです。


トレンド

このチャートは上昇トレンドを示していますが、安値の位置が切り上がっており、さらにラインに沿っているのがわかります。このラインのことをサポートラインと呼びます。

逆に下落トレンドのとき、高値を結んだラインのことをレジスタンスラインと呼びます。

トレンド日経225先物

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: トレンドライン

tb: --   cm: --

ローソク足  

【ローソク足】

4本値の名称です。
4本値の名称

ローソク足には、「始値」、「終値」、「高値」、「安値」、この4つの名称があります。

読み方に気をつけましょう。
始値は、「はじめね」と読みます。「しち」ではありません。
終値は、「おわりね」と読みます。「しゅうち」ではありません。

高値と安値はそのまま、「たかね」と「やすね」です。こちらは大丈夫そうですね。


音読みではなく、訓読みします。
ローソク足は日本人が考案したものであり、読み方も日本的なのですね。

何度も口に出しているうちに慣れるはずです。

間違えたまま覚えてしまうと恥ずかしい思いをすることがありますよ!

category: ローソク足

tb: --   cm: --

テクニカル分析を考察する  

■ テクニカル分析の有効度


テクニカル分析を使いこなせば、本当に勝つことができるのか?
期待と不安の中で、藁にもすがりたい思いを抱きつつ、疑問に思う人がたくさんいます。

テクニカル指標は、あまりにも多岐に渡るため確実性の程度を検証することは非常に困難です。
また、テクニカル分析を中心に据えたシステムを構築する際には、バックテストの結果も実運用に耐えられるものか疑わしいばかりです。

勝率、損益、そしてドローダウンなどのバックテストによって示されるデータは、将来の利益を必ずしも約束するものではないことに改めて注意を促しておきたいと思います。

一つ一つのテクニカル指標を実戦で検証する、あるいはフォワードテストでの実運用を通じてこそ、確実性を担保するための情報によって、より利益を確実なものとできるようになります。地道な作業が継続的な勝利に必要不可欠です。

例えば、RSIはオシレーター系指標の中で、典型的な逆張り指標として有名ですね。大きなトレンドが生じたとき、RSI指標が上下に張り付いてしまい、的確なエントリーポイントを全く読み込めなくなってしまうという問題があります。その不合理な結論を回避しようと、そこから様々な取り組みが行われるようになります。

たとえば、RSI以外の指標を組み合わせたらどうなるだろうか、数値を微調整してみようか・・・といった試行錯誤の繰り返しが、いわゆる検証作業と呼ばれています。

-- 続きを読む --

category: テクニカル分析

tb: --   cm: --

テクニカル分析参考サイト  

■ 参考サイト

テクニカル分析ABC(カブコム)
株式テクニカル講座
株株ペコ丸略してカブペコ
GC Opticast
shine trading web
為替のテクニカル分析
東洋経済WEB 入門編
東洋経済WEB
スイングトレードの達人
株・個人投資家の喫茶店
テクニカル分析入門(外為どっとコム)
Foreign Exchange Life
チャートの解説
株の達人(ノウハウ編)
株の達人(テクニカル編)
FOREX WATCHER
テクニカルアナリスト協会
ドリームバイザー
一目均衡表日記

株をはじめる前に読むブログ

■ おまけ
アンケート
(テクニカル分析歴はどれくらい?06年6月実施)


■テクニカル分析参考書籍
シュワッガーのテクニカル分析

ウエンスタインのテクニカル分析入門

ボリンジャー・バンド入門

アペル流テクニカル売買のコツ MACD開発者が明かす勝利の方程式

ワイルダーのテクニカル分析入門

4つの組み合わせで株がよくわかるテクニカル分析MM法





■管理人website&Blog

日経225先物 相場脳 TradingRoom(旧)
相場脳JM(現在)

category: テクニカル分析

tb: --   cm: --

テクニカル分析Links1

Index

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。